【40代 本気のスキンケア】日焼けによるシミ・くすみ対策

40歳前後から、朝、顔を洗って鏡を見ると、今までなかったソバカスのような、シミのような、うす茶色の斑点が顔に現れて、ドキッとした経験はありませんか?

「え?ウソ?日焼けするような事してないのに?」

「基本、インドア派なのに?」

「冬なのに?」

などと思った経験のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

40代以降に急にシミが増えてくるのは、今まで肌の奥で蓄積されていたシミが表面に出てくるからです。

ただ、一口に「シミ」と言っても色々なタイプがあり、混合型で発症している人も多くいらっしゃいます。

ここでは、「シミ」のタイプと一番ポピュラーなシミである日焼けジミができる過程をご説明します。

原因を知り、そして取るべき対策を考えるのが、本気でケアする近道ですよね。

そして、対策の1つ「美白コスメ*」はどのタイプのシミに対応できるのか、また、美白コスメを選ぶ時に注目するべき点についてお伝えしていきますね。

* メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ効果があるコスメ

40代以降は急にシミやくすみが増えるお年頃

シミやくすみが増える理由

40代になると急にシミやくすみが増え始めます。

その理由は、長年浴びてきた紫外線が肌の表面に出てくることと、肌のターンオーバー周期が長くなったことで、シミやくすみがすぐには消えにくくなっているためです。

私たちを悩ますシミの種類で一番多いのは、日焼けによる紫外線ダメージでできるシミ、正式名「老人性色素班」または「日光性黒子」です。

これは昨日や今日、日焼けしたからできたシミではなく、今までの人生で浴びてきた紫外線ダメージが、少しずつ肌の奥に蓄積され、肌表面にシミとなって出てくるからです。

ちょうど30代後半から40代にかけて、シミが増えてきたと感じるのはこのせいです。

続いてシミの種類について解説していきます。

シミの種類

日光性黒子、いわゆる日焼けジミ以外にも、シミにはいくつか種類があります。

前述した老人性色素班(別名:日光性黒子)をはじめ、「肝斑」や「炎症性色素沈着」などなど。

まずはご自身に既にシミがある場合は、どのタイプなのか、以下のリンクで確認してみてください。

❁ あなたのシミはどんなシミ?➡ シミの種類

日焼けシミの生成メラニン排出

ご存知の方も多いと思いますが、紫外線を浴びることによってできるシミとは、肌の表皮の底あたりにあるメラノサイトでメラニンが生成され、肌の表面にシミとなって表れるものです。

シミ生成とシミが排出されるまでのStepは以下の通り。

    

    

    

    

    

私たちの肌がメラニンを作るのは、紫外線から肌細胞を守るためです。

紫外線は肌の細胞を壊してしまう力を持っているので、それを防ごうと肌は自衛行動をとるのが、メラニンの生成です。

だから、本当はシミは私たちの身体にとって悪者ではないんですよね。

メラニンを生成しなくていいように、紫外線をたくさん浴びないよう心掛けることが、身体にとってはいいことです。

さて、話をシミ対策に戻しますと、一度できたシミがなくなるのは、肌のターンオーバーに頼ることになります。

次では、ターンオーバーについて少しご説明します。

肌のターンオーバーについて

20代の頃は、ひと夏に日焼けしても、その年の冬になるころには白い肌を取り戻せていたのでは?

それは、肌のターンオーバーが正常で早い(28日周期)ので、ダメージを受けている肌も新しい肌に生まれ変わってくれていました。

が、40代にもなるとターンオーバー周期が長いので(長い人で20代の倍くらい)、なかなかメラニンの無くなった綺麗な肌に生まれ変わらず、シミもそこに居座ったままです。。。(◞‸◟)

人の肌には個人差があるので、上の表はあくまで目安ですが、40代は年齢的にシミが出てきて、それが肌の表面にいすわるので目立ってくる年代です。

まずはどのタイプのシミかを前述の「あなたのシミはどんなシミ」でチェックしてみてください。

美白コスメで対応可能と書かれているシミなら、次の「本気のシミ・くすみ対策のポイント」に進んでください。

そうでなかった方は、皮膚科に行くことをおすすめします。

40代女性の本気のシミ・くすみ対策のポイント

ここでは、40代になったあなたが取るべき、シミとくすみ対策を挙げていきます。

日焼け対策を徹底する

まずは日焼けしないこと!

40代のシミ・くすみ対策には、何よりも、陽(=紫外線)を浴びない事が大切です。

紫外線にあたらないように、日傘・長袖・サングラスなどで物理的に身体を覆い、服から露出する部分に日焼け止めを塗るようにこころがけましょう。☞ 関連記事:『40代女性にオススメの日焼け止め』

日焼け止め効果を表す指数で、今の日本での最大値はSPF50/PA++++ です。

日焼け止めには、接触皮膚炎を起こす可能性の高い紫外線吸収剤が大量に入っているケースがほとんどなので、効果の高いものは、外でスポーツや長時間、日光を浴びる時だけにしましょう。

普段の屋内中心の生活ではSPF20~30 PA++ くらいで十分です。(参考:日焼け止めの「SPF]「PA]とは?

メラニン対策とターンオーバーを促す

そうは言っても、日常の活動をしている以上、完全に紫外線を遮断し、浴びない事は不可能です。

誰でも毎日、少しは紫外線を浴びていますので、シミの元であるメラニンを抑制することと、肌のターンオーバーを活発化させるケアを、日々行うことが大事です。

❁ ターンオーバーを促すには

できてしまった日焼けシミには、肌表面の古くなった角質を無理ない程度に溶かし去る「ピーリング」を正しい周期で行うことが、効果と安全面、経済面から言えば一番おすすめです。

また、ピーリングに抵抗のある方は、ターンオーバーを促す成分が配合されたコスメを使うことで穏やかな効果が期待できます。

❁ ビタミンCをとり入れる

紫外線対策にはビタミンCがとても活躍してくれます。

ビタミンCの効果は、メラニン抑制やメラニンの薄色化などで、美白効果はピカイチです

是非、日頃から食べ物や飲み物、サプリなどで補給しましょう。

そして、ビタミンCはコスメにも多く使われています。

40代シミ・くすみ対策には、美白コスメを1年中使おう

では、どうしたら上述の2ポイントを実現できるかというと、年間通して「美白コスメ」を使う事をオススメします。

美白コスメにはその多くに、メラニン生成を抑える成分が入っています。

更に、肌のターンオーバーを促す成分が含まれているものもあるので、紫外線対策として是非取り入れましょう。

そんな頼りにしたい美白コスメに悪い面はあるのか?というと、保湿効果が薄いと言われる事があります。

今は、保湿成分(セラミド・グリセリンなど)を含むものも多く出ていますが、冬や乾燥する季節にそれだけでは物足りないと感じたら、クリームを追加するなど工夫してみてはいかがでしょうか。

日焼けジミ対応の王道は、まず予防としてメラニンの生成を抑える成分配合のコスメ、
プラス、出来たシミのためにターンオーバーを促すコスメを日常的に使う事だと言えるでしょう。

また、この2つの作用があるサプリも数多く出ています。

そちらのまとめも近日中に出しますね。

美白コスメにできること・できないこと

改めて、お店で買う事ができる「美白コスメ」とは、私たちのお肌にどんな効果をもたらしてくれるのかを一言で言うと、メラニンの生成を抑えてシミができるのを防いでくれる、またあるものは、肌のターンオーバーを促進する助けをしてくれるものです。

一方、シミが出来てしまってから、「効果がありそうな宣伝文句が書いてある美白コスメを使ってみたけど、1ヵ月経っても変化がない」という感想をよく耳にしますね。

できたシミが薄くなってゆくのは、肌のターンオーバーにより新しくメラニン色素のない肌細胞が生まれ出てくることが必要です。

要するに、美白コスメを使い始めてから、肌のターンオーバー周期を最低1回以上経過しないと効果は表れてこないものです。

更に、先にご説明したように年齢のためにターンオーバー周期が長くなっている40代のお肌だと、数ヶ月は経過しないと目に見える効果は出てこないものだと心得ておきましょう。

美白コスメとは、できてしまったシミを消しゴムで消すかのように消せるものではないです。

気長に構えてコツコツ頑張りましょう。

自分にあった美白コスメの探し方

ここでは、あなたに合う美白コスメをどう選べばいいか、基本の考え方をお伝えしますね。

3つのポイントとフローチャート

以下の3つのポイントを軸に考えると、何を選べばいいかが見えてくるはずです。

  • 自分の肌の強さ
  • 今の自分のシミ状態
  • 美白成分の働きと使うタイミング

最初のポイントは、ご自身の肌の強さはどれくらいか、”人より刺激を感じやすい”、”敏感肌だと思う” “およそ何を塗ってもかぶれたことはない強い肌だ” などなどです。

また、以前使用した化粧品でトラブルがあったのであれば、何を使ったのかを思い出しましょう。

次に「今の自分のシミ状態」を再チェックしましょう。

例えば、”最近頬に目立つシミができた” とか ”薄い茶色い点がポツポツと見えてきた” または、”まだシミなど無関係な白い肌を保っている” などです。

素顔の時に鏡をじっくり見て、判断してください。

最後に、自分の今の肌状態にはどんな働きをしてくれる成分がいいのかを把握し、その成分を使っているコスメの中から、ご自身の肌の強さなら大丈夫と思われるものを見つけます。

ご自身の肌状態や、肌の強さを確認できましたか?

それでは、その3つのポイントを元に、美白コスメの選び方フローチャートを作りましたので、やってみてください。

あなたの肌の強さは?

いかがでしたでしょうか?

ご自分の今の肌状態にあった美白成分が明らかになりましたか?

だいたいで良いので、いくつかの美白成分を把握したら、その成分が入っているコスメを探してみましょう

また、以前使用して合わないと思ったコスメがあれば、そのコスメの有効成分は何だったかを調べてみましょう。

そして、その有効成分とは違う成分が配合されているものを試してみることをおすすめします。

以下に、美白成分を選ぶときの注意点を書きましたので、こちらも参考にしてください。

あなたに合う美白成分でコスメを選びましょう

美白成分はそれなりに刺激の強いものも含まれています。

ご自分にあう美白成分が分かったら、その成分を使う前に少しその機能と注意点を知ってからコスメを選ぶ事をおすすめします。

ハイドロキノン
働き:チロシナーゼの働きを抑える・メラニンを還元する特長:肌の漂白剤といわれるくらい美白効果は非常に高い。その分刺激も強いので、日本の厚生省はまだ美白成分の認可がおりていない
使い方 : シミ予防・できたシミにも効果ありなので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:コスメは基本的に、メーカーで安全性のテストを行っている。が、この成分は刺激が強いので、パッチテストをしてから使用するのがおすすめ
ビタミンC
働き:チロシナーゼの働きを抑える・メラニンの淡色化・ターンオーバー促進特長:抗酸化作用による美白効果やコラーゲン生成のサポートをする・一方、刺激も強い・安定して化粧品内に配合させることが難しい
使い方:シミ予防・できたシミにも効果ありなので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:刺激は強いので、心配な場合はパッチテストをしてから使用するのがおすすめ・ビタミンC製品は技術的観点から、医薬部外品を選んだ方が確か
ビタミンC誘導体
働き:チロシナーゼの働きを抑える・メラニンの淡色化特長:美白効果ピカイチのビタミンCが誘導体になることで、刺激は柔らかくなる・ビタミンC系の成分を何らかのコスメで常に取り入れるのは超おすすめ
使い方:シミ予防・できたシミにも効果ありなので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:ビタミンC誘導体は色々な種類があり、刺激やや強めから弱いものもある。心配な場合はパッチテストをしてから使用するのがおすすめ
4MSK
働き:チロシナーゼの働きを抑える・ターンオーバーの乱れに作用し、蓄積したメラニン色素の排出を促す特長:資生堂独自開発の成分なので、HAKUを中心とした資生堂商品にのみ使われている。
使い方:これからできるシミへの予防なので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:肌への刺激はやや強め・敏感肌の方は注意
コウジ酸
働き:メラニン生成指令を抑える・チロシナーゼの働きを抑える特長:美白効果に加え、糖化による黄ぐすみの元となるAGEs の生成を抑える効果もある
使い方:日焼け予防・日焼け後のシミにも効果ありなので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:コウジ酸とは、麹菌の発酵過程で生成される自然由来の成分・自然派志向の方にオススメだが、自然成分でも刺激になることはあるので敏感肌の方は注意
ルシノール
働き:チロシナーゼの働きを抑える特長:POLAが開発した美白成分・POLA製品によく使用されている
使い方:紫外線を浴びた時に作用するので、日焼け前に使用注意点:肌への刺激はやや強め・敏感肌の方は注意
アルブチン
働き:チロシナーゼの働きを抑える特長:ハイドロキノンに構造はよく似ているが、美白効果はハイドロキノンよりかなり柔らかい
使い方:シミ予防なので、日焼け前に使用注意点:刺激は美白成分の中で中程度とされ、安全性はかなり高い部類に入る
プラセンタエキス
働き:チロシナーゼの働きを抑える・ターンオーバーを促す特長:美白作用に加え、保湿作用が大きい遊離アミノ酸が多く含まれている
使い方:シミ予防・シミにも効果ありなので、日焼け前・日焼け後に使用注意点:本来、胎盤から抽出される成分だが、海洋性・植物性なども存在するので、哺乳類由来を選ぶこと
カモミラET
働き:メラニンを作る指令を止める特長:カモミールの花から抽出されたエキス
使い方:紫外線を浴びた時に作用するので、日焼け前に使用注意点:特になし

また、ビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、は粒子が小さく、イオン化しやすい性質なので、イオン導入器向きの成分です。イオン導入器を使ってより肌の深いところへ取り込んでみる価値ありです。➡ イオン導入器のオススメサイト

コスメを買う時に、有効成分は何かを確認して買う習慣をつけると、よりあなたに合うコスメを手に入れることができますよ。

【シミやくすみを防ぐために】管理人オススメの美白コスメ3選

ここからは、効果が強いとされる美白成分を配合したコスメを3つご紹介します。

SKIO VC ホワイトピールセラム

まずはシミケアの王道、ビタミンCのブースター美容液です。

先にも書きましたが、ビタミンCは化粧品として安定させるのが難しい成分です。

何かしらビタミンCを取り入れたいけれど、どれが良いか分からなく、迷うのなら、ビタミンCに強いロート製薬さんの医薬部外品を選んでおくとよいでしょう。

こちらは、洗顔後のお肌にすぐにつけるもので、毛穴ケアにも効果ありとうたわれています。

created by Rinker
¥5,280 (2022/08/12 15:43:37時点 楽天市場調べ-詳細)

POLAホワイトショットSXS

ロングセラーで高い支持を誇るPOLAホワイトショットSXSです。

こちらの美白成分はルシノールビタミンC誘導体とが配合されています。

スポット的にシミの上に塗るものは、個人的にはあまり信じていませんが、口コミ評価がとてもいいです。

ルシノールはPOLAが開発した美白成分で、シベリアモミノキ由来の成分を原料としています。

created by Rinker
¥10,280 (2022/08/12 15:43:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ビーグレン QuSome ホワイト

最後に、敏感肌の方にはあまりオススメできないかもしれませんが、ハイドロキノン配合の b. glen QuSomeホワイトをご紹介します。

欧米では美白といえば、「まずハイドロキノン」と言われるほど、効果が認められている成分です。

が、日本であまりポピュラーではないのは刺激が強いからなので、お肌の強さに自信のない方は避けた方がよいでしょう。

試してみるならパッチテストをしてからにしてくださいね。

<<もっと美白コスメの情報が見たい方はこちら➡>>(建設中)

40代本気のスキンケア!シミ・くすみ対策まとめ

ここでは、40代のシミ・くすみの原因とその対応についてお伝えしました。

まとめポイント

ここでお伝えした内容で重要なポイントを改めてまとめます。

  • 40代以降、今まで浴びてきた紫外線の影響が肌にシミとなって表れる
  • 自分のシミのタイプを正しく把握して、タイプに合った対処をするべき
  • シミ・くすみ対策として、まずは陽(紫外線)を浴びないこと日頃から美白効果とターンオーバーを促してくれる美白コスメを使うこと
  • コスメで対応可能なシミであれば、自分のシミ状態と肌の強さから、それに適した美白成分が配合されているものを探す
  • 美白コスメの効果はメラニンの生成を抑えることと、肌のターンオーバーを促すことで、ゆるやかに効くものなので数ヶ月単位かかるもの
  • その中でも、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などは、効果は高いとされるが肌への刺激は強いので、パッチテストしてからの方が安全

シミ・くすみ対策を行うには、これらのポイントを意識することが大切です。

シミのタイプがご自分では判断できない場合は、皮膚科へ行って診断してもらうのが確実です。

【参考までに】陽を浴びてしまったら。。。

日焼けしないように頑張ったけど、どうしても今日は陽をたくさん浴びてしまったな、と思う日は次の対策をしてください。

  1. 鎮静作用のあるローションか、冷水を絞ったタオルなどでほてりを鎮める
  2. メラニン生成を抑える効果のあるコスメ(日焼け直後であれば、ハイドロキノン・ビタミンC誘導体・アルブチン・4MSK・コウジ酸を。トラネキサム酸は日焼け前がいい)をたっぷり肌に含ませる
  3. ビタミンCを多く含む果物などを多めに食べる

まだ肌に熱が残っているようなら、まず、鎮静作用のあるローションかタオルを冷たくして、ほてりを鎮めてください。

その際に、くれぐれも肌をこすらないこと

炎症を起こしている肌は、よりもろくなっているので、これ以上の摩擦や刺激は与えない事です。

へちま水やきゅうりパックなど、優しく肌の上に載せるのがオススメです♪ 

ほてりが鎮まったら、メラニン生成を抑える効果のある成分配合のコスメをたっぷり肌に含ませるようにしましょう。ローションパックがオススメです。

そして、ビタミンCを多く含む果物などを多めに食べるようにしましょう。

陽を浴びる事が分かっている前日は、活性酸素を抑えてくれる抗酸化食品、例えば緑黄色野菜などを摂るのがオススメです!➡ 日焼け後の肌を守るレシピ (Nadia site)

今回は以上になります。

あなたの美白コスメ選びの参考になれば幸いです。(^-^)

Scroll to Top