【コスパ良し!】菊正宗クレンジングオイル ライスメイド✙を使ってみた感想レビュー

「菊正宗クレンジングオイルって、ちゃんとメイク落ちるの?」

「菊正宗クレンジングオイルって、肌がベタつかない?」

「そもそも化粧品メーカー?日本酒じゃないの?」

そんな疑問の声もありそうですが、菊正宗Rice Made+ クレンジングオイル は、40代女性や敏感肌の方にもオススメできるクレンジングで、

クレンジングとしての性能もしっかりしているうえに、油脂系オイルクレンジングとしてはかなりお財布にやさしいです。

このページを訪れてくれたあなたは、菊正宗クレンジングオイルの特長や使い心地、メリット、デメリットについて知りたいと思っていますよね(^-^)

私は実際に菊正宗クレンジングオイルを使っていますが、

初めて使った時の感想は、「汚れの落ちやすさ洗い流しやすさ使用後の肌のうるおい長持ちと、どれも優れていてストレス無し!」でした。

ここでは、私が使ってみたレビューを詳しくまとめていきますね。

菊正宗クレンジングオイルとは?

菊正宗クレンジングオイルの特長

あなたは菊正宗クレンジングオイルの特長をご存じですか?

「ん~、名前は知ってたけど、どんなクレンジングかは良くわかっていない・・・」

という方のために、まずは菊正宗クレンジングオイルの特長についてまとめました。

クレンジングタイプの中で一番肌にやさしくかつ、洗浄力もあるとされる油脂系オイルをベースに作られたクレンジングでW洗顔不要 + まつエクOK

油脂系オイルは原材料のコストが高いところがネックで、なかなかお手頃価格で提供できるものが少ないのが現状

そんな中、これは油脂オイルの中では比較的安価なトウモロコシ胚芽油を使っていることもあり、1320円とかなり懐にやさしい価格設定

菊正宗とは、ご存じ日本酒の酒造メーカーさんですが、2010年に日本酒製造をいかした入浴料「美人酒風呂」を製造販売

それを期に、シャンプーや化粧品製造に進出し、今では「日本酒」「正宗印」「Rice Made+」シリーズなどを製造販売

 

菊正宗は、大手日本酒メーカーさんの作る油脂系オイルクレンジングで、1320円の価格設定、W洗顔不要と魅力の多い商品です♪

以下では実際にクレンジングとしての性能はどうだったのかのレビュー結果をまとめました。

菊正宗クレンジングオイルを実際に使ったレビューをご紹介

レビューは以下の項目に分けて1つ1つ解説しています。

  1. 使いやすさ
  2. 使い方、使い心地
  3. 洗顔後の感触
  4. メイクの落ち具合
  5. 毛穴汚れケア

それではまいりましょう!

1.使いやすさ

菊正宗クレンジングオイルは外箱が無く、安心感というかプチプラ感あふれる感じの宣伝シールとビニールパッケージに包まれています。

本体は透明プラスチック製ボトルのディスペンサータイプ。

高級志向ではないけれど、爽やかなブルーとグリーンのデザインに、中身のクレンジングオイルが薄い黄色がかっていることが分かります。

❁ ディスペンサータイプで、大きさは1本約1.5 – 2ヵ月分の、女性の手でしっかり握れるサイズでGood
❁ ボトルのデザイン的な扱いやすさ、出しやすさは問題なし

2.使い方・使い心地

メーカーさん指示の1回分は「適量」ですが、私の思う適量は2プッシュです。

メーカーさん説明書きには「お風呂で使える」とあります。

ただ、私は手と顔を濡らさないうちに取り、顔全体に塗り広げて、30秒くらい軽くマッサージ後、ぬるま湯で洗い流す方法をオススメします。

薄化粧くらいなら、手が濡れている状態から使っても大丈夫です。

他の方々の口コミでも見かけましたが、ばっちりメイクをしているなら、手と顔を濡らさないで使うことをオススメします。

先ほどもお伝えしましたが、菊正宗クレンジングオイルはW洗顔不要なので、お手入れの手間も短時間ですみますよ♪

続いて、使い心地についてです。

菊正宗クレンジングオイルは手にとると、薄い黄色というよりほぼ透明に見えるサラサラとトロトロの中間くらいのテクスチャー。

のびがとても良く、顔全体にスーッとのばせて肌を摩擦する心配が全然ありません。

グレープフルーツのような柑橘系の淡い香りで、手に取った時より、顔に塗り広げるとスッと香ってきて爽やかな印象。

洗い流しの第一印象は、想像以上にサラッと落ちていった感じです。

オイルクレンジングだと、ヌルヌル感がなかなか取れないのではないかという先入観がありましたが、あっさりとくつがえされました(^-^)

❁ 使用感や香り、洗い流しやすさはGood!

3.洗顔後の感触

菊正宗クレンジングオイルの洗顔後の感触は、さっぱりという感じはなく、肌がしっとりというよりむしろ「ピト!としている」という表現が一番ピッタリあてはまります。

洗いあがりはとてもさっぱりが好きな方には、このままでは物足りないので洗顔料を使って洗いたくなるかもしれません。

しかし、私もさっぱり好きな方だと思いますが、そのままでも全然かまわないくらいの感触でした。

そしてその後も乾燥する感じは全くなく、うるおいの持ちはかなり良いです。

試しに肌チェッカーを使って数分おきに頬の高い部分で測ってみたところ、次のような結果に!

洗う前の状態です。水分54% 油分44%
洗顔後3分経過。水分54% 油分45%
洗顔後5分経過。水分52% 油分46% – 水分がやや落ちましたね。
参考:理想の肌水分量は40-60%、油分は普通肌だと30%くらい

スキンチェッカーで測るのも、色々な条件で数値が変わるようなので、絶対に正確とは言えないかもしれません。

よって、数回測って大体このくらいという中間的な数値をここに出しています。

5分経っても洗顔前よりも水分量が2%しか落ちないのは、うるおい持続力はやはり高いですね。

❁ ピト!と洗いあがり、水分のうるおい持続はかなりGood!

4. メイクの落ち具合

次に、クレンジング本来の役目であるメイクの落ち具合を検証してみました。

ファンデーション2種 1)Albionのパウダーファンデ と 2)Chacott のクリームファンデ を手につけ、菊正宗クレンジングオイルを1/3プッシュくらいなじませてみました
1. 写真だと分かりにくいですが、青枠内がパウダーファンデ、オレンジ枠内がクリームファンデです
2. 菊正宗クレンジングオイルを、1/3プッシュくらいのせてクルクルなじませ、
3. 10-15秒くらいで完全に落ちた感覚になったので、洗い流します
4. ティッシュで拭きとってみても、ファンデの残りはついていません
アイシャドウ、口紅
リップグロス
ポイントメイク3種を手につけ、菊正宗クレンジングオイルを1/3プッシュくらいなじませ、洗い流してティッシュでメイクが残っていないかをチェック
1. 上から、Cliniqueのリップグロス、真ん中が Maquillage のリップスティック型口紅、下がChanelのワインレッドの
アイシャドウです
2. ファンデ同様、菊正宗クレンジングオイルを1/3プッシュくらいでクルクルなじませたところ、リップグロスが一番時間はかかりましたが、それでも問題なくトータル15秒くらいですべてなじんだ感じでした
3. ヌルヌル感がなくなって洗い流せたな、と思えるまで15秒、ティッシュで拭きとり、メイクが残っていない事を確認

ただ、複数の方の口コミに「マスカラは残っていた」とあります。

マスカラだけはポイントメイクリムーバーを使った方がよさそうですね。

❁ ファンデーションもポイントメイクも、落ちにくいタイプのchacott クリームファンデも、リップグロスも、ストレスなく15秒ほどで落ちたので、メイク落としはこれで十分

5.毛穴の汚れケア

最後の検証は、毛穴の汚れに対してですが、これは判定するのがやや難しいポイントです。

私は菊正宗クレンジングオイルを、基本は夜のみで使用し、毛穴が気になる朝は、洗顔の時に使うようにしてみました。

洗った直後はそれなりに毛穴の目立ちも弱くなりましたが、(私は洗顔後は、どれで洗ってもそういう感じがするので)これだけでは「効果あり」とは判断できないです。

 

時間が経ち、特に暑くて汗をかくような日は、夕方には「毛穴の汚れあるかなー。。。」くらいに感じました。

毛穴汚れが気になるようになってきたら、菊正宗クレンジングオイルを気になるところに塗り、できたらお風呂のような湯気があって温まる場所で5分ほど過ごし、洗い流すとそれなりに改善します。

毛穴ケア効果は悪くはないですが、大興奮してオススメできるほど毛穴の汚れ悩みから解放された!という感じはなかったです。

ただ、他のクレンジングレビューでも書きましたが、毛穴の皮脂汚れは毎日たまってゆくものなので、そのサイクルと状態を自分で把握して調整するのが、正しい対処法だと思います。

毛穴ケア用として、週一くらいでスペシャルケアを行うのがよいのではないかと思います。

❁ 毛穴の皮脂汚れに明確な効果があるかはわからないが、毛穴の状態を見て対処すれば問題を感じなくなる

菊正宗クレンジングオイルの良いところ

クレンジングとしての性能 – メイクや油汚れがスルンと落ち、洗い流しにも時間がかからず、洗いあがりもうるおい持続 – はバッチリ!

高額になりがちな油脂系オイルクレンジング1320円と、かなりお財布に優しい値段設定

油分の強いファンデーションや粘性の強いリップグロスまで、ゴシゴシ洗わなくても、やさしくクルクルなじませると10-15秒でストレス無く落ちてくれる + まつエクOK

洗いあがりの肌の感触が、ピト!としていて、アラフィフ普通肌の私でも5分経ってもツッパリ感もなく、うるおいの持続感が続いている

これ1本でクレンジングと洗顔の役割を果たしてくれる

ディスペンサーを必要回数プッシュすれば、適量が手に取れて、使いやすさも抜群

菊正宗クレンジングオイルの悪いところ

洗顔後の感触は “さっぱり” がお好きな方には、”さっぱり洗いあがり”感はないので、肌に残った油分がやや気になるかも

今のところNet販売が主流で、店舗販売はごく少数しか扱いがない

@Cosmeで見る40代女性の方々の口コミ

素早く馴染んですすぎが早く終わります。ビックリです。細かいところは落ちてるか不安になりましたが、ちゃんと落ちています。
少しつっぱり感あるかな。柑橘系の香りも良い感じです。

オイルクレンジングは乾燥肌には良くないと昔から聞いていましたが、こちらの商品は乾燥しません。

さらっとしたオイルでメイク落ちもよく、洗い上がりのお肌もさっぱりし過ぎずすっきりして使いやすいです。購入しやすい価格なので買いやすいし使いやすい。

サラッとしたオイルでメイクとよく馴染んでしっかり落とせるし乳化が楽で濯ぎも早いです。洗い流したあとはベタつきも乾燥もなし。

ウォータープルーフのマスカラに関して、かなり丁寧に馴染ませないと落ちないような気がしました。

菊正宗クレンジングオイルはこんな方にオススメ!

オイルクレンジングは肌に刺激が強いから敬遠していた方 – それは別なタイプのオイルクレンジングだったかもしれませんよ? ➡ 参考:【洗顔の見直しをしましょう】

❤ 肌への刺激が少ないことを重視したクレンジングを使っているが、洗浄力には物足りなさを感じている方

❤ 逆に、洗浄力を優先させたところ、使用後の肌がつっぱる、乾燥を早く感じる、という方

W洗顔不要クレンジングを探している方

価格・購入方法

最後に菊正宗クレンジングオイルの購入方法をお伝えします。(*^-^*)

公式ページと各種ネットで販売されているほか、ごく一部の量販店(AEON、Laviなど)の店舗で取り扱いがあるようです。

価格は大体どこも同じくらいで、公式ページでもNet shop でもあまり価格は変わらないです。

ちなみに、お試しセットの販売はありません。

最多価格帯200ml 1,320円
お得なのはどこもほぼ同じ

今回のレビューは以上になります。

菊正宗クレンジングオイルの本音レビューまとめ

ここでは、菊正宗クレンジングオイルを実際に使ってみた本音レビューをまとめました。

今回お伝えしたポイントを以下でもう一度ご紹介しますね。

  • 一番のポイントは、洗浄力がしっかりしていて、さらにお肌への負担が少ない油脂系オイルクレンジングが、低価格で買えるところ
  • W洗顔も不要なので基本的に洗顔料は必要なく、時短と肌への刺激摩擦を減らす事ができる
  • ファンデーションはもちろん、ポイントメイクもスルっと落とし、まつエクにも対応
  • 毛穴汚れのケアだけは、完全に頼ることはできないので、週一くらいでスペシャルケアを入れることが必要

いかがでしたか?

最後に・・・

また、先にリアラスタークレンジングのレビューを行い、とてもオススメできるものとしてご紹介しています。➡ リアラスタークレンジングセラムを使ってみた感想レビュー 

菊正宗クレンジングオイルもそれに劣らず、お肌の土台が変わってきている40代以降の方や、敏感肌の方など、保湿を重視しなければいけないお肌には、とてもオススメできるものだと思います。

リアラスターとの一番の違いは、洗浄成分が油脂系オイル非イオン界面活性剤かという点です。

成分的には油脂系の方がお肌にはやさしいので、敏感肌の方や乾燥肌の方は、菊正宗の方がどちらかと言えば良いといえるでしょう。

ただ、普通肌~脂性肌くらいであれば、非イオン界面活性剤でも、リアラスターの保湿力、うるおい持続感はとても良いのでオススメできます。

ご自分の肌タイプにあわせて、選んでみてくださいね。(^-^)

  
どちらもオススメできます♪

レビューはあくまで、私個人の感想になりますが、オイルでもうるおい持続のいいクレンジングをお探しの方、W洗顔に限界を感じている方、ご興味がわいたら、一度試してみてください。

公式ページで詳細をチェックする

【こちらもオススメ】– 今回ご紹介した菊正宗オイルクレンジングも入っています
40代女性向き W洗顔不要クレンジング6選徹底比較!

【あわせて読みたい】
40代スキンケア – 洗顔の見直しをしましょう

Scroll to Top